スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

さくせん


この週末はi'll be your mirrorに行ってきました。
これは日曜日だったのでまずは土曜日。

weeprayスタジオで新曲の練習。もう一息!
レコーディングのために既存曲も手直ししないと。

スタジオ後はロビーでおしゃべりしてけーご宅へ。
ちらっと飲みに行って家でビール飲み直して
いろいろ話してたら盛り上がって結局寝たのが3時くらい、、、

翌日けーごが仕事だったので8時半過ぎには出発。
とりあえず、今回の作戦はこんな感じ。
①新宿で駐車場確保
②電車で新木場移動
③ライブ
④新宿から24時までに高速に乗る
⑤SAで寝る

まずは①。
9時半頃に新宿到着で、いつものアンチの裏の駐車場に。
でも、奥の安い方が空いてない、、、
ちょっとグルグルしてたけど空かない、、、
しょうがないから手前の方で。
高くなっちゃったから△かな。

つぎ②。
車止めてからライブまで時間があるのでご飯、ユニオン。
coalesce購入。「リラプスです!」って感じでかっこよい。
タワレコでsteve reichやaieを試聴。
何気にすぐに時間が過ぎて予定通り電車に乗れました。
これは◎。

いよいよ③。
20110227_StudioCoastGY!BE_1

スタジオコーストはindependence-d 2005以来だから6年ぶり?
ちなみにその時はCEPHALIC CARNAGE見たさに行ったんだ。
CRISISも見たかったんだけど着いたらすぐ終わっちゃったんだよね、、、

マーチの列に並んだはいいけどGY!BEは案の定なくて
envyのシャツだけ購入。

まずはBOREDOMS。
ドラム6台で上からの映像をスクリーンで流しながらの演奏。
上から見てるからみんな順番に叩いてたりするのも見れて面白かった。
EYEさんの合図でバスドラ光ったりしてたし。
トーンを絞り切った低音のみみたいな音が気持ちよかった。

次はboris。
この辺から、時間が狂い出して灰野さん(サブステージ)の時間に。
※つか、BOREDOMSの開始が10分押してるし、、、

灰野敬二。
入場規制でかなり後ろの方。
まったく見えない。激ノイズを灰野さん自身が見れずに45分はきつい。
ということで外で聞いてる。

あ、borisは?と思って行ってみる。
ちょうど終盤。2曲見て終了。かっこよい。時間押さなかったらな、、、

それからenvy。
去年の12月以来。セットリストはあんまり変わってなかったけど
やっぱりかっこよい。今の曲もやっぱりすきだな。

この時、後ろに並んでた人がAOWと友達って言ってた。
envyを「なんちゃってハードコア」と言っていた。

次はMelt-Banana。
ちょっと疲れてきたから後ろの方で観戦。
まあ、相変わらずメンバーの姿はほとんど見えず。
でも、昔の曲(っていうか、知ってる曲)を結構やってて楽しめた。
ちなみに2006年のMOGWAI来日で見た以来だから5年ぶりか笑

次はGY!BEが見れれば満足だったけど
その前のDirtyThreeも観戦。
3人のおじさまがバイオリン、ギター、ドラムで淡々と演奏。
※バイオリンの人は楽しい人みたいだったけど!

いよいよGY!BE。
この時点で30分押してる。
始まったら外国の方が立ち入り禁止エリアで見ててそれが邪魔。
とか、いろいろあったけどすごくよかった。
気持ちよかったし、あの押し迫る感じを生で聞けてうれしかった。

でも、1時間見て会場を出ました。
しょうがないけど満足した!と言い聞かせて駅に向かう。

作戦③はいろいろあったので〇かな。

さあ、作戦④。
電車で新宿に到着が22時半頃だったから余裕。
あ、5000円札しかない!
あ、あと1分で駐車料金上がる!
ってことで結局急ぐ。走る。急いだ甲斐があった。

朝ご飯以来何も食べてなかったので
マックでドライブスルーして無事に高速へ。

ここも◎!

最後は作戦⑤。
群馬の赤城高原までがんばって寝床準備。
長座布団、寝袋、毛布に包まり就寝。

翌朝(今日)は雨になってて寒くて起きた、、、
11時前に自宅到着。

大変だったけど楽しい二日間でした。
今日はゆっくりしてます。

今回のi'll be your mirrorは1回目だったこともあって
時間の面だったり、スタッフの手際の悪さがちょっと気になったかな。
ただ、お客さんもタバコポイ捨て状態だし、演奏中の携帯カメラだったり
灰野さんのとき出口専用の扉をこじ開けて入ったり、
とても心から気持ちいい空間ではなかったと思います。

次回もいろんな意味で楽しみなライブ、フェスティバルです。

20110227_StudioCoastGY!BE_2
スポンサーサイト
プロフィール

Takumi Akatsuka

Author:Takumi Akatsuka
weepray、
PROUD OF GRACE、
ENGREMXXのギタリスト。

最新記事
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。